風の吹くまま・気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fireworXtend

でっかいSAL機がリリースされたようですね。

この画像を見れば普通のSAL機ですが・・・・・
Xt-ganz1.jpg

並んで写っている黒い方が普通のスパン1500のSAL機です。
Xt-fw4.jpg


こんなでっかいのランチできるのか!?
と思われますが・・・・・・・・

動画もUPされてます^^
スポンサーサイト

延焼防止剤散布する大型機=米の山火事

20081117-00000009-jijp-int-view-000.jpg
米カリフォルニア州南部ダイヤモンドバー地区の山火事現場付近で延焼防止剤を散布する大型のDC10消防飛行機。これまでに少なくとも600戸が全焼、住民3万人が避難した。

と言うことです。

留学中の長女のホームステイ先の近くで娘の所まで被害は及んでいないようですが
辺り一帯が煙で覆われているそうです。

この機♪なんの機♪きになる機♪♪

機体名を知ってる人がいたら教えてください。
長谷川さんの設計のグライダーです。
P1010317ss.jpg


特徴はこの画像のようにキャノピーがブレーキになっていることです。
P1010318ss.jpg


いつ頃の機体なのかはこのサーボを見れば判る人には判ると思います。
(私はよく判りません・・・・20~30年前のもの????)
P1010319ss.jpg

rc slope soaring sailplane

こんな素晴らしい環境が有ったら毎日でも飛ばしたいですね。





これからだんだんと冬型の気候で僕たちの地方は強風が吹くようになってきます。
スロープが楽しみになってきますね^^

でも さむ~~~~

Walkalong Glider

ある意味スロープソアリング?



10分で作れるWalkalong Glider

木型製作(再)-2

だいたい仕上がりました。

後は、主翼の座り部分の調整をパテで行います。

最後にサフェーサーを吹いて生地の目留め及び下地の微調整(面だし)を行います。

pod-No.2

凄い!

素晴らしいですね。



実機でも


この間、HLGミニ大会で空中衝突で水平尾翼を失った際に背面飛行にしてフラップを上手に使って無尾翼機のように無事着陸したのを見ました。

緊急時にとっさの判断ができるって凄いですね。

木型製作(再)

木型の作り直し。
木型
荒削りの状態です。

先に作った木型、若干の修正を加えいい感じにできあがったのですが、
目止めでポリ樹脂を塗ったのですが表面が凸凹に塗りあがってしまった
ポリ樹脂の粘度が高かったみたい。
サンドペーパーで表面を均してみたのですが今一うまくいかない・・・
樹脂が硬すぎ?
時間をかけてじっくりやれば何とかなるとは思うけど
ちょっと気に入らない部分もあったりしますので
思い切って作り直すことにしました・・・フー

温度管理システム

これがこれからの季節、無くてはならない温度管理システムだ!
樹脂の硬化には適度な温度が必要だ。
キュア温度によって強度にも大きな差が出る。
温度管理システム


ここには熱源が写っていないが熱源はコタツヒーターを使用する。



温度管理システム
左に見えるのがタイマーで加熱時間の設定をする。

右が温度設定装置で設定温度に達するとヒーターがOFFになり温度が下がるとONになる。

ヒーターの電源を入れっぱなしで長時間は火災の面でも省エネの面でもいただけませんからね。



あとは・・・これから、これらを設置するキュア炉を製作しないと・・・。

サイズは、断面はコタツヒーターの寸法プラスα長手方向は1500mm程度にしようか?
物が大きくなってしまうので置く場所を考えると困ってしまう。
収納を考えて分解可能にするのがベターな選択。
あと、万が一に備えてなるべく耐火構造にしたい。
そして、保温性も上げてなるべくヒーターへの通電時間も減らしたい。
どんな材質、構造にするか考えよう。

雌型作成(材料調達)

材料の調達から・・・・
まずはFRPセット
FRPset

セットで買うとお得感が・・・・

セット内容は
・一般積層用のポリエステル樹脂(ノンパラ・促進剤入り)1kg。
・硬化剤MEKPOが15cc。(樹脂1kgに10~15cc使用)
・空気硬化剤が50cc。(樹脂1kgに50cc使用)
・チョップドストランドマット#450が1.04m×1m×1枚。
・アセトンが250cc


ゲルコートも欲しいか!?
gerucote
一般用黒色ゲルコートです。
仕様:促進剤6%Co0.5%添加・揺変剤添加・空気硬化剤未添加(ノンパラ)。

以上はこちらで購入。

型用には黒が良いようです。
積層したときに空気の残留が見やすいのかな?


後は手持ちの・・・・・・・・・・・・

固形WAX
wax


液体のPVA離型材
pva

こんな所で、間に合うのかな????

そうそう、プラスチックの板も欲しいよね。

あと、忘れ物は・・・・・・

おいおい考えましょう。

では、無い物を発注しよう。

まずはポッドから


バルサを数枚積層して削り出しました。
左右対称にするのは難しいです。
積層したときにできるラインを等高線のように見ながらシコシコと・・・・
根気とセンスの要る作業です。
プロフィール

Wind Rider

Author:Wind Rider


いらっしゃいませ。
ゆっくりとしていってくださいませ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。